医療脱毛と美容脱毛のヒゲ脱毛器は大きく異なる!脱毛器の特徴や種類をご紹介

脱毛を検討するときには脱毛の種類だけを悩みがちですが、実は同じ脱毛方法でも脱毛器によってさまざまな特徴があります。

つまり、あなたの肌の状態やヒゲの濃さなどによってピッタリの脱毛器は異なるのです。

そこでこの記事ではヒゲ脱毛器について詳しくご紹介していきます。

効果を実感できるヒゲ脱毛おすすめのクリニックはこちら

スクロールできます
クリニック名メンズクリアメンズキレイモメンズTBCゴリラクリニックレイロール
特徴

 脱毛料金最安値!店舗数NO.1

日本製の先進的マシンを使用


 濃いヒゲでも1本ずつその場で脱毛
ゴリラクリニック
実績420万件以上!


最新脱毛機で痛みが少ない !
月額2,780円(税込)〜1,848円(税込)〜15,000円(特別オーダーメイドプラン)〜4,500円〜1,000円〜
総額139,972円〜9,240円〜109,000円〜74,800円〜46,980円〜
店舗数全国116店舗

店舗を探す

全国58店舗

店舗を探す

全国47店舗

店舗を探す

全国19店舗

店舗を探す

全国19店舗

店舗を探す

麻酔無料1回3,300円
剃毛無料無料無料
キャンペーン毎月30名限定1回980円ヒゲ脱毛トライアルプラン初回ヒゲ脱毛1回500円150本ヒゲ脱毛体験コース1,000円コース終了後追加1回100円初回限定ヒゲ脱毛1部位500円
詳細を確認詳しくはこちら 詳しくはこちら詳しくはこちら 詳しくはこちら
目次

医療レーザー脱毛で使用されるヒゲ脱毛方法の違い

同じ医療レーザー脱毛で行われるヒゲ脱毛でも、使用されるレーザーの種類やヒゲ脱毛の方法が異なるのです。

それぞれには違った特徴がありますのでご紹介していきます。

1.使用されるレーザー

医療レーザー脱毛器では、下記の3つのレーザーが使用されています。

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・YAGレーザー

どのレーザーを使用しても永久脱毛の効果を得ることはできますが、体毛の中でも特に濃いヒゲに対しては、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーが特に有効で、反対にダイオードレーザーは産毛に高い効果を発揮するレーザーですのでヒゲ脱毛にはあまり向いていません

2.ヒゲの脱毛方法

医療レーザー脱毛器には下記の2つの脱毛方法があります。

・蓄熱式脱毛
・熱破壊式脱毛

どちらもヒゲの永久脱毛を行えますが、蓄熱式は痛みが少なく即効性がない、熱破壊式は痛みが強く短期間でのヒゲ脱毛が行えるというそれぞれの特徴があります。

代表的な医療レーザー脱毛器の特徴と効果

代表的な医療レーザー脱毛器を3つご紹介します。

・ライトシェアデュエット
・ソプラノアイスプラチナム
・メディオスターモノリス

それぞれの脱毛器には違った特徴がありますので要チェックです。

1.ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、アメリカの政府機関で永久脱毛について定めている『FDA(米国食品医薬品局)』から認定を受けており、さらに日本においても厚生労働省から薬事承認を受けている脱毛器となっています。

このように脱毛効果や安全性が政府から認められていることもあり、世界的にも非常に多く使用されている定番の脱毛器として知られているのです。

効果の高い熱破壊式が採用されていますので、毛の濃いヒゲにも高い効果が期待できます。

2.ソプラノアイスプラチナム

ソプラノアイスプラチナムは、先ほどご紹介した3つのレーザーを同時に照射することができるので、毛の濃いヒゲにも効果的となっています。

また、照射スピードが速いので施術時間が短いことや、日焼けをしてる肌黒い肌でも脱毛することができるのです。

ただ、蓄積式となりますのでヒゲ脱毛の効果を実感するまでには少し時間が掛かってしまいます。

3.メディオスターモノリス

メディオスターモノリスもFADや厚生労働省から認可を受けている脱毛器となります。

最大の特徴は、脱毛器に肌の状態を入力するだけで最適な出力でヒゲ脱毛を行ってくれることです。

つまり、ヒゲ脱毛を担当する医療従事者の方の技術の有無に関わらず、常に高い施術を受けることができるということになります。

自宅でできるヒゲ脱毛の効果

自宅でできるヒゲ脱毛で得られる効果は下記の2つです。

・減毛、抑毛
・除毛

それぞれにどのような方法があるのかをご紹介していきます。

1.減毛、抑毛

減毛・抑毛は、ヒゲを生やす細胞のはたらきを弱めてヒゲが生えにくい状態を作り出す脱毛方法です。

具体的には下記の2つの方法があります。

・フラッシュ脱毛
・レーザー脱毛

これらは脱毛サロンでも使用される方法になりますが、家庭用脱毛器の方が出力が制限されていますので、脱毛効果も低くなります。

2.除毛

除毛は、ヒゲを生やす細胞に作用するのではなくヒゲを除去する脱毛方法、つまりヒゲ剃りと同じ効果しか得られません。

具体的には下記の3つの方法があります。

・サーミコン脱毛
・ローラー脱毛
・高周波脱毛

毛の濃いヒゲに使用するメリットはあまりなく、除毛の効果が得たいのであれば普段通りにヒゲ剃りをしたほうがトラブルが少ないでしょう。

自宅でも使用できるヒゲ脱毛器の種類と効果

自宅でもできるヒゲ脱毛で効果的な方法は下記の2つです。

・フラッシュ式脱毛器
・レーザー式脱毛器

それぞれの脱毛器について詳しくご紹介していきます。

1.フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式脱毛器の多くで、脱毛エステでも使用されている『IPL(Intense Pulse Light)脱毛』が採用されています。

IPL脱毛は、肌の黒い部分に脱毛器が反応して光を照射して、ヒゲの発育部分にダメージを与え続けていき、ヒゲの発毛を抑制していく脱毛方法です。

このようにフラッシュ式脱毛器では、黒いメラニン色素に反応するため毛の太いヒゲにはよく反応して高い効果を発揮します。

2.レーザー式脱毛器

レーザー式脱毛器では、狭い部分に集中して照射するため、フラッシュ脱毛よりも高い脱毛効果が発揮できます。

これは医療レーザー脱毛と脱毛方法的には同じですので、ヒゲの毛根やヒゲを生やす細胞にダメージを与えることができますが、自宅用脱毛器のは出力がかなり制限されていますので、同じような効果を得ることができません。

自分に合ったヒゲ脱毛器を選びましょう

この記事では医療機関で使用されているヒゲ脱毛器と自宅で使用することのできるヒゲ脱毛器についてご紹介していきました。

同じ脱毛方法でも、肌の状態やヒゲの濃さなどによってもピッタリの脱毛器は異なりますので、ぜひこの記事を参考に脱毛器にもこだわってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム好きな23歳
SEOコンサルタントとして働いています。
何かお困りごとがあれば気軽にご相談ください。

最近K-POPにハマってます。

コメント

コメントする

目次