高級ラウンジと相席屋の違いとは?それぞれの特徴を踏まえて紹介!

「ラウンジ」と「相席屋」、夜遊びに行くところっていうのはなんとなくわかるけれど、一体何が違うのか即答できる方は少ないのではないでしょうか。

今回は「ラウンジ」と「相席屋」のそれぞれの特徴から違いを説明していきます!

目次

ラウンジとは

ラウンジの特徴として、次のような点が挙げられます。

美女とお酒を飲める

高級ラウンジではお店で働いているハイクオリティな接客をしていただける女性とお酒を飲むことができます。

接客のみならず、容姿も選りすぐりの方々が在籍しております。

自分が気に入った子がいれば、「場内指名」「本指名」といった形で女の子を自分のテーブルに居続けてもらうことができます。

相席屋との大きな違いはお店の面接を突破している美女が在籍しているという点です。

相席屋と比べて料金が高い傾向にある

ラウンジは客単価が高く、利用料金は高めに設定されていることが多いです。

その代わり、品が良い接客があるのがラウンジの特徴です。

内装は高級感を醸し出すようなものが多く、ゆったりとしたスペースの客室であることが多い

ラウンジ内部は高級感を醸し出すようなものとなっており、都内の店舗では各種メディアの撮影現場にもなっているほどです。

客室も広めになっており、豪華な部屋を利用することができます。

場所にもよるが利用者の年齢層は相席屋と比べて高めである

利用者の年齢層は相席屋と比べて高めです。

かかる費用が高いことから高年収のサラリーマンや経営者などが多く、有名人もお忍びで来店することがあります。

行くときはスーツを着るなど、フォーマルな服装がおすすめです。

相席屋とは

相席屋の特徴として、次のような点が挙げられます。

利用客同士での交流が主体

ラウンジのようにキャストが利用客に接客するような形ではなく、利用客同士が相席で飲みながら話す、といった形になります。

異性の利用客がいない待ち時間では無料で飲食できる場合もあり、店舗によっては雑誌等の娯楽が充実しているところもあります。

女性と相席になったとしても席替えになるタイミングが存在する

相席となったとしても、席替えとなることもあります。

時間制限で自動的に席替えとなる場合もあれば、相席となった人と相性が悪いと判断した利用客が従業員に申し出て席替えとなる場合もあります。

安い料金で気軽に利用できる

ラウンジと違って安い料金で利用できるのが特徴です。

また相席屋でも女性は基本無料となっており、利用客の女性と相席になった時間分の利用料金を男性側が払う形になります。

ただ「安かろう悪かろう」というわけでは必ずしもなく、高級料理を提供している相席屋も増加してきています。

利用者の年齢層は若い人が多い

やはり料金が安いこともあり学生や社会人になって間もないそうが多く、利用者の年齢層は低めになっています。

この年齢層の偏りから、若い年齢層の人と出会ってお話したいという方にはおすすめです。

年齢が高い方でも同じ年齢層同士で使えるブランドを用意している相席屋もあるので、安心して利用することができます。

利用者の人数制限は基本的には厳しい

相席屋の人数制限は厳しめに設定されており、2人以上ではないと利用できない、おひとりでの利用が厳しい場所が多いです。

友達や知り合いの方を誘って行くことが必要になります。

まとめ

ここまでいろいろ書いてきましたが、相席屋は利用客同士での交流となるのに対してラウンジはキャストの女性たちとの交流という形での楽しみ方になるので、両者のジャンルが違うといえます。

「キャストとの飲み会や店の雰囲気を楽しみたい」という方ならラウンジ、「出会いや人との交流が欲しい」という方なら相席屋が向いていると言えるでしょう。

またラウンジの場合は高級店に見合った料金、服装が必要になってきますし、相席屋の場合は居酒屋のように気軽に飲みに行くことができますが、雰囲気や内装という面では最適ではないかもしれません。

この記事を通してラウンジと相席屋、どちらに行こうか悩んでいる方のお役に立つことができていれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム好きな23歳
SEOコンサルタントとして働いています。
何かお困りごとがあれば気軽にご相談ください。

最近K-POPにハマってます。

コメント

コメントする

目次